トップページ › 
愛媛県社会福祉士会について › 
各部会の紹介 › 
研究部会

各部会の紹介

一覧へ戻る

研究部会

ご挨拶

今年度より、研究部会の部会長を務めさせていただきます宇都宮 理子と申します。
 
私たち社会福祉士にとって、実践と研究は両輪であり、社会福祉士の倫理綱領でも、「社会福祉士は、最良の実践を行うために、スーパービジョン、教育・研修に参加し、援助方法の改善と専門性の向上を図る」と謳われています。
研究部会は、愛媛県社士会会員及び愛媛県社会福祉士会の力量を向上するために、事例研究、実践発表等を通して、社会福祉士としてのソーシャルワーク実践研究を行うとともに、社会福祉士が行う現場実習指導研究や会員相互間の活動内容の調査、検証、研究を行うことを目的としております。
 
現在、研究部会では、愛媛県社会福祉士フォーラム、社会福祉士実習指導者講習会、地域別ネットワーク会議などの事業を開催しております。地域別ネットワークでは、東中南予それぞれの地域で、様々な研修会開催等の取り組みを行っており、一緒に活動していただける部会員を募集しております。
研究を通じて、ともに学び、成長していけるような部会を目指しておりますので、皆様、ぜひご参加下さい。

研究部会 部会長 宇都宮 理子


概要

研究部会は、愛媛県社会福祉士会の会員及び県社士会の力量を向上するために事例研究、実践発表等を通して、社会福祉士としてのソーシャルワーク実践研 究を行うとともに、社会福祉士が行う現場実習指導研究や会員相互間の活動内容の調査、検証、研究を行うことを目的とする。

活動内容

愛媛県社会福祉士フォーラム
実践を通じての成功例、制度政策への提言、課題分析等を発表し、会員相互の活躍の場を共感し、共通理解を促す。
2014年度実習指導者養成研修会
社会福祉士会養成校、事業所と連携を取り、学生の現場実習の在り方について検討し、現場実習担当者を育成する。
地域別ネットワーク会議
時事テーマや演習などを講師を招き実施することにより、会員の自己研鑽の機会を設けるとともに、交流会を開催しネットワークづくりを行う。

>> 研究部会の規定を見る