トップページ › 
愛媛県社会福祉士会について › 
各部会の紹介 › 
ぱあとなあ愛媛部会

各部会の紹介

一覧へ戻る

ぱあとなあ愛媛部会

ご挨拶

このたび「権利擁護センターぱあとなあ愛媛」の代表に就任しました鍋島 修治でございます。
 
この組織は、社会福祉の援助を必要としている人々の生活と権利を擁護するための諸活動を行っています。
 
なかでも、判断能力が不十分な方々の生活や権利を護るための活動は重要な使命と考えており、そのために、権利擁護に関する相談事業、成年後見等の受任要請に応える体制づくり、成年後見制度に関する啓発活動、調査研究活動を行っています。

ぱあとなあ愛媛部会 部会長 鍋島 修治


概要

ぱあとなあ愛媛部会は、愛媛県社会福祉士会の組織内に置いて、社会福祉の援助を必要とする人々の生活と権利を擁護するため、成年後見制度にかかわる事業を公正かつ適正に行うことを目的とする。

活動内容

受任者連絡会(東予、中予、南予)
ぱあとなあ愛媛登録者の後見活動サポートを主な事業とし、さらには成年後見活動実施者の情報交換や研修機会を設ける。

>> ぱあとなあ愛媛部会の規定を見る